すぐに対策を考える

人間に及ぼす被害とは

近年、街中や住宅地に出没するイタチが増えています。その殆どは外来種のチョウセンイタチで、日本に昔から生息しているニホンイタチは、人間が住む住宅地に出没する事はありません。イタチの大きさは約50〜60cm程度で胴が長く、短足で細長い体型です。雑食でネズミや昆虫、果実等をエサにしています。人間が飼育しているペットやニワトリ等を食べる場合もあります。イタチは3cm程の隙間があれば建物に侵入する事ができ、住み着いたら屋根裏や断熱材に巣を作り子供を育てます。子供が大きくなると走り回る為、天井裏から足音等の騒音がします。天井裏や断熱材には、糞や尿が溜まり悪臭がします。糞や尿を放置するとノミやダニが繁殖し人間に吸血等の被害を及ぼします。

イタチを退治する方法

人間に被害をもたらすイタチを退治する方法を挙げていきます。まず、害虫や害獣駆除用の燻煙剤や忌避剤、木酢液を使用して追い出す方法があります。その他、強い光をいきなり当てると逃げ出すことがあります。追い出したことを確認したら、再び侵入してくることを防ぐ為に今までの侵入口を必ず塞いで下さい。イタチを退治する為の捕獲には都道府県や市町村の許可が必要な場合がありますので、確認が必要です。自分で退治しようとして追い出すことに時間がかかると、建物や人間への被害は拡大する一方になります。退治が難しい時は、イタチの駆除業者に相談してみましょう。業者はイタチ退治だけでなく、糞や尿の清掃や消毒をし、侵入口を塞いでくれます。イタチの存在に気が付いたら、急いで退治する対策をとる必要があります。

オススメリンク

イタチ駆除をして被害を最小限にしたいですよね。その際はコチラの口コミを参考にして業者に依頼しましょう!役立ちますよ!

イタチ退治のプロに頼れば完全駆除も夢ではありません。駆除をした後の糞尿対策についても処理してくれるので助かります。

注目の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加